英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』-英語の基本「発音」しっかり学べます

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本
鷲見由理
ナツメ社
売り上げランキング: 3,253
アマゾンで詳細を見る

私が大学に入って、まず苦労したのは英語の発音です。

高校生時代で発音を習ったのは、オーラルコミュニケーションの副教材くらいでしたし、

破裂音で「プッ、プッ、プッ」とティッシュペーパーを揺らすくらい。

でも高校では大きな声での音読と我流で何とか乗り切りました。

大学入試においても、紙面上の発音記号と脳内での発音のみ(テスト中に頭の中で発生しますよね?(^_^;))

で、乗り切りました。


ですが、いざネイティブや大学のクラスの前で発表することになっても、

英語っぽい発音ができませんでした…(´;ω;`)ウゥゥ


そこで、以前にこのブログで紹介した『CD付き 正しい英語の発音』を購入して、発音強化に取り組みました。

1週間ほど毎日1時間ぐらい練習しましたら、やっぱり良くなるんですね…


さて、時代は変わり、よりわかりやすい英語の発音参考書が発売されていました。

なんとDVDが付いていて、ネイティブの口の動きが目と音で確認できます。


DVDが付属

今までの発音の参考書は、顔を真っ二つに切って、「発音する位置は*」とか分かりにくく、

口の動き方などはやはり写真だけではいまいち伝わりにくい…

その点、DVDがありますと、

口の動きと音がリンクして、ずっと理解しやすいです。


まさに「百聞は一見にしかず」でした。

映像に出てくる女性のネイティブの方、英語を教えていただきありがとうございます。


構成が丁寧

まずは前半は「入門編」として、DVDで映像で確認しながら、母音と子音を練習ができます。

後半はCDで発音を練習していく「基礎編」となっており、

DVDで口の動きをしっかり理解し、書籍の後半をCDとともに発音を練習する構成です。

書籍の文字の大きさ、色合い、も素晴らしいです。

あとは発音の参考書におなじみの「早口言葉」も書く母音、子音についていますからしっかりと練習できます。


高校生にもお勧めで、小学生、中学生でも十分に活用ができます。

もちろん大学生、社会人にもしっかりと対応できますので、

この一冊があれば、英語の発音は「バッチリ」です。 (●・ω・) < Good job!



DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本
鷲見由理
ナツメ社
売り上げランキング: 3,253
アマゾンで詳細を見る

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/04(水) 18:09:58|
  2. 英会話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://english354.blog27.fc2.com/tb.php/62-7805d83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。