英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ドラゴン桜』 社会で活躍する人材になるための参考書

ドラゴン桜(1) (モーニングKC (909))
三田 紀房
講談社
売り上げランキング: 14,500
アマゾンで詳細を見る

このブログの管理人、英語参考書の仕分け人が生きて20数年。

大学入試を経て、大学で学び、社会に出て数年がたった。

高校生だった頃にぼんやりと描いていた「英語を使う仕事」を今している。

ただ、社会に出て気が付いたのは、「英語を使う能力だけでは足りない」ってことだった。


社会に出て、自分は「資格試験に強いだけ」ということが分かった。

いかに英語ができても、それを他人に伝えられないと…

いかに英語ができても、それ以外の能力も社会には求められていると…

そして「自分の英語は甘い」ということ知った。


井の中の蛙だった。


そんな現状に気が付いていながらも、

何もせず、惰性で過ごしていた。


でもたった今、「自分が変わった」と感じた。

変えてくれたのは、上司でもなく、先輩でもなく、同僚でもなく。

ふとした経験でもなく、情けない失敗でもなく。


変えたのは、高校時代に読んだ『ドラゴン桜』。


自分をセーブすることを学んだ。

理性的に物事を考えるようになった。

「答えは一つ」と決めたりせずに、柔軟に考えること。

得るためにはそれ相応の努力が必要だということ。

大学受験を舞台に、若者が、人間が一生懸命に成長するさまを見た。


マンガかもしれない。

だけど、自分の心は変わったんだ。



ドラゴン桜(1) (モーニングKC (909))
三田 紀房
講談社
売り上げランキング: 14,500
アマゾンで詳細を見る

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/03(火) 18:11:05|
  2. 学習 (その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://english354.blog27.fc2.com/tb.php/60-3cc9fabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。