英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『総合英語 Forest (フォレスト)』-英文法/やや丁寧すぎる英文法の参考書

大ベストセラーの英文法参考書「総合英語 Forest(フォレスト)」のレビューです。

かなり売れています。ほとんどの本屋で「平積み」かつ「ポップ付き」。知っている方も多いはず。


さて、その中身やいかに!?


以前の『ラーナーズ高校英語』のレビューでは、

『フォレスタ』を「ミーハーな受験生が買うような英語参考書」のような紹介をしていました。

しかし先日、友人から「フォレスタ」はオススメだと薦められ

私も実際に購入してきました。(私もミーハーですな)


さっそく一読してみましたが、「確かに『売れる英文法書』ではある」と印象をもちました。


実際に手にとった人も感じたと思いますが、

「非常に丁寧なつくり」な英語参考書という印象を感じました。

ですが、短所の部分もあるかもしれません?

では「英語参考書の仕分け人」の意見としての『総合英語Forest』のレビュー、良い点・悪い点を列挙します。


丁寧な文法解説

このフォレストほど「日本語の文法解説部分が多い英文法書」を、あまり見たことがありません。

とにかく、日本語の解説が「ぎっしり」とあります。

そしてその文章は、これから英文法を学ぼうとしている学習者の「知識の無い状態」を意識した、納得の出来る解説となっています。

理論だった文法解説だけでなく

英文法のイメージを取り上げたり、私も特に良かったと感じた、英文の微妙なニュアンスを取り上げてくれるなど、満足いくものでした。

この点では、予備校や塾に行かなくとも、学習者1人で、納得しながら学習していける解説だと思います。

さらにもう一点挙げるなら、「A=B」という単純暗記の文法解説でなく、「A=Bになるのだが、それは~だから。そして…でも可」というような納得できる解説が良い。

例えば、他の英文法参考書は

「『if S were + to不定詞』とは、起こりそうも無い事柄で、『万一~すれば』を表す」とだけの解説に対し、


『フォレスト』は

「『if S were + to不定詞』とは、『もし~すれば』といった起こりそうもない未来を表す。 これは、『be to不定詞』(⇒P.〇〇)の過去形であること。そしてwereはwasでも可能である」 という丁寧で役立つ解説がある。

単純に「A=B」で暗記するのではなく、 「A=B。それは~だから」と理解・納得をしながら学習できる点が良い。

関連ページがしっかりしている

でてきた文法事項について、関連する、しそうな文法事項がどこのページに掲載されているかを示してくれています。

この関連ページの掲載は、目次で調べる時間の節約だけでなく、

知識を関連付けて学ぶ、「より記憶に残りやすい」英文法の学習を可能にしています。

このような心配りのある英語参考書は、やはり感謝できる英語参考書です

文法事項に3つのステップ

ある文法事項を扱う章の作りは、

「1.これが基本→2.理解する→3.深く知る」の3部構成になっています。

「これが基本」の部分では、あつかう文法事項の基本的な予備知識を押さえる。

また、英文法のニュアンスも載っているので、私も「なるほど」と改めて思うことがありました。

「理解する」「深く知る」は、その章での文法解説が続いてゆきます。

問題形式

章末に文法問題は無い。

掲載される問題は、扱った文法事項の最後の部分に、数問だけ

その上、別冊回答ではない。


これは、あまり良くないと感じました。個人的な意見ですが…


小問はかまわないが、やはり章末に、章で扱った文法の総まとめ問題をつけて欲しい。

問題量は、10~30分位かかる分量で。(ですが、これは『Next Stage(ネクステージ)』で代用可能でしょう)

Moreover,解答が物足りなさすぎる印象。

単語のどちらかを選ぶ問題では、解答では、そのどちらかだけを掲載し、「なぜこれが正解なのか」という解説がなく、what is worse,日本語訳もついていない。

解答の解説も、参考書の解説と同じくらい丁寧な解説が欲しかった。

あと私の経験論では、別冊解答の方が圧倒的に学習しやすい。

準拠問題集『Forest 6th edition 解いてトレーニング』というのもあるそうですが、まだ中身は確認していません。

こちらが、この短所を補っていることを願う。

文法の解説

さて、丁寧な文法の解説と書きましたが、To tell the truth, 中には腑に落ちない解説もありました。

ほぼ断言するような解説で、学習者の自由な解釈ができにくい構造、とも言えます。

何も知識が無い「まっさらな学習者」には、その解説で覚えてかまわないかと思います。

しかし、すでに英語の知識のある方は、自分の解釈とは違う長い解説を読むときには、気が重くなってしまうかと思います。

丁寧すぎる?

日本語での解説が、本当に、長所となっている英語参考書です。

文章量は相当あります。

日本語を読むのが苦になる人には、扱いづらい参考書かもしれません。

「サラッ」と読めないと思います。


以上、「総合英語Forest(フォレスト)」のレビューでした。

PS:それでもオススメは『ラーナーズ英文法 三訂版』だったなぁ…

関連する英語参考書
ラーナーズ高校英語 現役時代に使っていた英文法の参考書。とてもベーシックな英文法書
Next Stage(ネクステージ) 英文法の問題集。サッと復習が出来るオススメ参考書


総合英語Forest 6th edition

桐原書店
売り上げランキング: 200
おすすめ度の平均: 4.5
4 丁寧に書かれてます
5 工業英検受験に使用
4 たしかにわかりやすい
5 素晴らしい
5 わかりやすいけど本格的

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/09/16(木) 20:22:11|
  2. 英文法
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://english354.blog27.fc2.com/tb.php/36-3a2af3a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「英語教材の決定版」高松式 英語30分楽習【カリスマ英語トレーニング法】

遂に、噂の新・英語教材が公開されました! 各メディアで話題沸騰中の カリスマ英...
  1. 2010/09/21(火) 16:06:17 |
  2. 幸福のゴールドサイン

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。