英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『英語長文レベル別問題集 1 超基礎編』-長文読解/

前回紹介の『必修英語長文問題精講』に続き、

『英語長文レベル別問題集 1 超基礎編』も、オススメできる長文読解の参考書です。

記号を使って長文読解

『必修英語長文問題精講』と同じく、記号を使いながらの長文読解です。

記号の数は、3つだけと同じですが、

名詞の働きは、 [ ]で囲む。  (『必修英語長文』では、<>)

形容詞の働きは、<>で囲む。  (『必修英語長文』では、[ ])

と、2種類の記号は『必修英語長文問題精講』と異なります。

しかし、模範解答の記号を見るときに、頭の中で記号を変換できるので、大丈夫でしょう。


それより大事なことは、記号を使って長文読解することです。


皆さんもご存知のとおり、長文読解の参考書には、日本語訳だけがつき、重要な単語・フレーズだけを載せている模範解答(『天声人語 英語版』など)もあります。

実力が着いているのであれば、日本語訳だけの参考書でも活用できます。


しかし、これから英語の長文読解を始めようとする人にはオススメできません。

まずは、長文の意味の切れ目を見極めるための参考書で練習を積みましょう!


英語長文が読解できるようになるには、ステップが必要です。

つまり、段階的に実力をつける、という事です。

単語力(語彙力)・英文法を、まずは身につけ、そして長文読解を実践します。

どの部分で、意味が切れているのか、どのように英単語・語句が修飾しているかを見極めれるようにならなければなりません。

長文読解で、意味の切れ目を見極める練習ができるのが、『必修英語長文問題精講』と『英語長文レベル別問題集』です。


『英語長文レベル別問題集』は、レベル別に6冊あります。

レベルが高くなろうと、模範解答では、記号を使うことは変わりません。

言い換えると、長文のレベルが上がっても、意味の切れ目を探すことに変わりは無いのです。

『必修英語長文問題精講』と『英語長文レベル別問題集』で、意味の切れ目を見極める練習、自分で切れ目に記号を入れる練習をしっかりと積んでください。

それから、日本語訳だけが載っている長文を読み始めてください。


長文読解の実践は、また次回、掲載したいと思います。

関連する英語参考書
必修英語長文問題精講 記号を使って、長文読解の練習ができる参考書



英語長文レベル別問題集 1 超基礎編 (東進ブックス レベル別問題集シリーズ)
安河内 哲也 大岩 秀樹
ナガセ
売り上げランキング: 10883
おすすめ度の平均: 5.0
5 長文読解が苦手な高1生に
4 意外と知らないことが多い
5 中学レベルの文章を読みなれたいというひとは使うが、普通は使わないでOK
5 英文読解の基本としてとてもよい。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/17(木) 16:58:15|
  2. 長文読解
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://english354.blog27.fc2.com/tb.php/22-ced92786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。