英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『正しい英語の発音』-英会話/英語の発音が習得でき、練習もしやすい

英語の発音を覚えましょう!

以前の『試験に受かる人、落ちる人』の記事で、正しいお箸の持ち方の話をした時と同じです。

早めに、正しい英語の発音を理解して

それから後は、ずっと練習してゆくのが

一番効率がよく、無駄が無いでしょう!


この参考書との出会いは、大学1年生の時。

こういった発音の参考書を購入することは、大正解です。損はしません。

一度発音を覚えて、後は、自分の英語学習なり、英会話なりで、使いながら練習してゆくのです。

間違った発音方法、自信が無いままでの発音でなく、

一度しっかりと参考書で覚えておきましょう。


さて、そんな英語の発音の参考書のなか、

今回は『正しい英語の発音』を紹介します。


この参考書の前半部分は、英語の発音、つまり発音記号の一つ一つを学びます。

日本人には難しいとされる(?)『r/』から始まり、次は『/l/』へと、

見開き2ページで一つの発音を取り上げてゆきます。

また練習例文も素晴らしく、一番最後には、早口言葉のような複雑な例文が出題されます。


発音を一通り終えると、次は学んだ『/l/』と『/r/』などの類似した発音のセットを取り組みます。

対比することで、その違いが少しずつ気がついてゆくかと思います(私も少しずつ分かるようになってゆきました。)


その次には、リンキングやイントネーション、日本語の発音と違う英単語など、

英語を発話する上で大事な発音のポイントを知り、練習できます。


他の、数ある発音の参考書(最近はDVDなど付属されていたり)比べると、

この『正しい英語の発音』は、

使いやすい

という特徴があるかと思います。


見開き2ページで一つの発音


発音練習に最適な英語例文


英語発音の知識を習得できる



など、この1冊で、英語の発音は調べることができ、習得できるかと思います。

後は、先ほどのように、正しい発音を身につけてから、英語を使いながら練習してゆくだけです。

早ければ早いほど、後の練習する時間が増えます。

間違った発音で、貴重な時間を無駄にしないでください。


結論

英語の発音習得は、お早めに

英語の発音に自信が無い人には、ぜひオススメの参考書です。

ちなみに、発音の吹き込みは、男性のアメリカ発音です。

数年たった今でも耳に残っている、渋い音声です。


CD付き 正しい英語の発音―通じる・聴き取れる
ケビン・S. ジョンソン 神林 亜矢子
西東社
売り上げランキング: 22269
おすすめ度の平均: 4.0
4 発音記号を覚えるとやはり便利
5 分かりやすいです
4 英語の発音の難しさを痛感
5 楽しく勉強しています。
3 練習あるのみ

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/09(水) 19:48:28|
  2. 英会話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://english354.blog27.fc2.com/tb.php/20-81fcdfa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。