英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『流れ図で攻略世界史B』 世界史Bの参考書の紹介

「英語参考書」の紹介ではないです。申し訳ありません。

今回は「世界史B」の参考書の紹介をさせてもらいます。

ですが、受験勉強に役立つ学習方法の考えも書いていますので、記事をこのままお読みになってみるのをオススメします。


「世界史B」は、私の大学受験科目でもあり、そして英語と並ぶ得点源となった教科です。

まず、「世界史B」を私の得意教科にしてくれた学習方法の考え方を紹介します。

「全体法」は「部分法」に勝る!

この言葉は「大人のための科学的勉強方」という学習参考書からの引用です。(アマゾンでも発売していませんが、ぜひ一読をオススメします)

私が高校2年生の時に、「世界史A」の教師から教えていただきました。


その本に従った説明は以下のようなものです。


例えば、ここに15章からなる教科書があるとする。

部分法では、最初から最後まで、1章ごとに10時間、合計150時間で学習する。

全体法では、最初の50時間は、太字を暗記。次の50時間は、太字と歴史の流れの前後関係を確認。そして残り50時間で、教科書の細部(イラスト、写真、資料、欄外)を暗記する。


同じ150時間での学習だが、決定的な違いがある。


部分法は、本文をしっかり読んでいても、それは1度だけ。また、続けていくうちに最初の方を復習する機会がない。

全体法では、本文を3回見直している。そして、大事なことは、「大きな事柄から小さな事柄」へと学習していることである。



要するに、教科書の最初から最後まで(例えば1章・古代史・アフリカ史など)を部分ごとにやるのではなく、

最初から最後まで、全体をサッと確認し、それから、知識の肉付けをしてゆくことである。


この「『全体法』は『部分法』に勝る!」の考え方に共感した私は、その教師に「世界史B」の受験勉強のアドバイスをもらうことになりました。


全体を把握する世界史参考書と学習方法


まず、その世界史の教師は、「世界史B」の最初の受験勉強として、3つのアドバイスをくれました。


①.教科書に、色を使い分けてマーカーを引け!

②.学校の図書室で、『学習漫画 世界の歴史』を3回読め!

③.『流れ図で攻略世界史B』と『世界史B用語集』を買っておけ!


でした。(本当にこんな口調で、こんな指示です)



まず①の「マーカーを引く」に関しては、

「戦争は血が流れるだろ。だから赤のマーカーで引け!」

「地名はもともと自然の中にあるものだろ。だから緑のマーカーで引け!」

「~法とかは、たぶん議会で決まってるだろ。議会の机は木だろ。だから黄色のマーカーで引け!」

「あと、年号と人物は勝手にしろ!」

と言われ、2日で塗り終えました。

世界史Bの教科書世界史 マーカー当時の教科書と参考書です。クリックするとアップします

②の『学習漫画 世界の歴史』は、高校の図書館で、1度だけ貸し出しのあった「学習漫画 世界の歴史」を10冊?借りました。

1日で読み終え、返却するのも億劫なので、その翌日に残り全巻を借りました。(ウチの高校は貸し出し制限がありませんでした。)

③の『流れ図で攻略世界史』は、大きな書店に行って購入しました。(地元の書店においてなかったので)



これが、私の「世界史B」の受験勉強の始まりでした。

それからも、その世界史の教師からは、受験勉強の方法などのアドバイスをもらい、

「世界史B」を自分の得意教科にまですることができました。

やはり、今振り返ってみると、「自分はすごく効率の良い勉強方法をさせていただいていたのだなぁ」と考えさせられます。


PS:ですが、やはり大学に行けばそれなりの強者がいるわけです。例えば「『世界史B』よりも『現代社会』の方が圧倒的に量も質も少ない」だとか、「『政治経済』は大学入学してからも使うから、そっちを選べと親父に言われた」などと言う人が多く、実際『世界史B』を使うことはあまりなかったです…
でもその世界史の教師には、今でも大変感謝しています

現役時代に使っていた世界史の参考書の紹介です。特に『流れ図で攻略詳細世界史B』と『学習漫画世界の歴史』は本当にお勧めできる参考書だと思います。





流れ図で攻略詳説世界史B 改訂版
谷澤 伸
山川出版社
売り上げランキング: 160379
おすすめ度の平均: 5.0
5 流れ図サイコー


学習漫画 世界の歴史[全面新版] 全20巻+別巻2 全巻セット

集英社
売り上げランキング: 27815
おすすめ度の平均: 4.0
3 旧版は「漫画で学ぶ歴史」新版は「歴史が主題の漫画」
3 うーむ
5 一気に読める世界通史
5 大人にも。



スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/09/25(土) 11:35:46|
  2. 学習 (その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。