英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法』-学習参考書/大学受験勉強を効率よく行なう

和田秀樹の『試験に受かる人落ちる人』が経験則に基づく学習参考書ならば、

池谷裕二の『だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法』は

科学的根拠に基づいた学習参考書です。


大学受験で志望校に合格したい。

そのために、頑張って、ガリガリ勉強する気持ち、根性はある。

確かに、気持ち、根性は大事だ。

でも同じくらいに大事なのは、いかに効率良く受験勉強するかだ。


受験勉強の出来は、「質と量」

質×量。

「量」 は、やる気で学習時間を増やしてカバーできる。

でも、「質」 は…?


現役時代、私は予備校にも行けず、買いたい参考書も買えない経済状況。(「参考書代をケチる話」は『試験に受かる人落ちる人』で既出)

学校の教師から個人的に教えてもらう以外、受験勉強の勉強方法自体は、他の受験生と変わらないものでした。

いや、今振り返れば、むしろ劣っていた部分、無駄な部分もあった。


ただ、ひたすらに、やみくもに勉強をする。

けれど結果が出ない。

だから一層、やる気で勉強時間を増やした。

それでも、結果がでてこない。


こんな私の受験勉強の失敗談から学び取って欲しい。

やる気で勉強時間、「量」 を増やしても、それでは不十分。

他に必要なのは、勉強の効率、「質」である。


池谷裕二の『だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法』は、次のような疑問に答えを与えてくれる。

記憶するプロセスはどうなっているのか
どのように復習するのが科学的に効率的なのか
どのように勉強の難易度を上げるのか

他にも、「そうだったのか!」と感じる、受験勉強を効率良く行なえるヒント・情報がある。


学習参考書」 は、読むだけで勉強の「質」を向上できる、必読の受験参考書である。


何度も書いていることだが、

学習参考書は、読むのが早ければ早いほど、

その後の受験勉強が、効率よく、正しい方法で、それだけ長くできる。



私のような無駄な受験勉強をしてならない。

ぜひ一読をお奨めする。


注:
1、和田秀樹の学習参考書も、実際は、ほとんどが科学的な根拠を基にしています。

2、今回『だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法』を紹介したが、復習すること、記憶のプロセス等に関しては、同じく池谷裕二の『記憶力を強くする』、『最新脳科学が教える高校生の勉強法』でも同じような内容が書かれている。 しかし、読みやすさ(他の2冊に比べ、はるかに薄い)、受験勉強の大事な要点を押さえている点で、『だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法』をオススメとして取り上げた。時間と余裕があるなら、ぜひ他の2冊も読んでいただきたい。


関連する参考書
試験に受かる人落ちる人 受験をいかに上手く乗り切るか。受験にもノウハウ、テクニックがある。


だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法
池谷 裕二
ライオン社
売り上げランキング: 38433
おすすめ度の平均: 4.0
4 脳の仕組みを知るための入り口に
3 学習法の初心者に
3 なぁ〜るほど
3 冒頭で落胆。
5 Just do it!!早速やってみよう


重複している内容も多いが、時間と余裕があるならば、以下の2冊も読むことをオススメします。


記憶力を強くする (ブルーバックス)
池谷 裕二
講談社
売り上げランキング: 2156
おすすめ度の平均: 4.5
4 天才になってみたい
4 池谷氏のすごさを感じた最初の本
4 良書!
4 脳が刺激される本
5 面白いよ


最新脳科学が教える 高校生の勉強法    東進ブックス
池谷 裕二
ナガセ
売り上げランキング: 1056
おすすめ度の平均: 4.5
4 結局努力が必要
5 目から鱗
5 高校生向けというところがいい。
5 良書!
4 高校生に勇気を与えてくれる一冊

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/07/17(土) 08:06:43|
  2. 学習 (その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。