英語参考書のブログ

オススメの英語参考書をレビュー。英語の理解が深まる、能力が身に付く英語学習をしましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『音で覚える発音・アクセント』-頻出の600語を確認

頻度順 音でおぼえる発音・アクセント (大学入試即解セミナー)
栗林 隆
旺文社; 改訂版 (2007/09)
売り上げランキング: 5,088位
アマゾンで詳細を見る

さて、前回の『短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300』に続き、

今回も発音・アクセントの参考書「頻度順 音でおぼえる発音・アクセント」を紹介します。


頻度別に掲載

構成は、発音編とアクセント編の2部構成。

そして頻度順に1位グループから15位グループまでで、各グループに20単語掲載されています。

つまり発音編は15グループ×20語=300語、アクセント編も15グループ×20語=300語の計600語が掲載されています。

各単語には、発音記号と意味はもちろんのこと、

同音語や似ている発音の語が掲載されていて、他の英単語もリンクして覚えられます。

あとは、間違った発音としてカタカナで「×ラベル」などとも記載されています(この点については次で言及します)。

あとは各グループで、同じスペリングの単語のコラムも音声で入っています。

CDが結構良い

CDの吹き込みは男性と女性の2名です。

各英単語を発音して、そのあとに少しのポーズ(間)があり、そこで繰り返すことができます。

ただし、

途中で、吹き込み者の「ちゃちゃ」が入る場合があります!

たとえば発音の語として「label」(カタカナだと「レィベル」/leibl/)という項目ではこんな感じで音が出ます…


♪~ 「eleven。label。「ラーベルは、ダーメデスヨ」。label」とか

「two。genius。「『ジー』ット ノバシマス。genius」


ふざけているのだか、指示されているのだかわかりませんが、

こんな感じで流れます。

確かにワンパターンな流れよりも、途中で変化があり、思わず笑ってしまうような内容でした。


確かに「楽しい」です。


こういった「ちゃちゃ」は、1グループに2,3語くらいあり、

その他の単語は、「番号、英単語(1度のみ)、ポーズ(1秒ほど)」の感じです。

問題がちょっと残念

各グループの最後には、取り扱った単語が入っている問題が掲載されています。

ただし、巻末に応えのみ掲載されていて、選択肢の発音記号や意味が掲載されていません。

これは本当にもったいない。

あとは、問題数自体も少ないのですが、こちらは、赤本の演習でカバーできるかと思います。




CDは確かに楽しくできているし、そのちゃちゃが自然と脳内に再生されるくらいまで聞き込んでもいいでしょう。

ただし、発音記号が自分で読めるようになれば、もうCDはいりません。

これから発音・アクセントを対策し始める人の「きっかけ」になるには十分でしょう。



発音・アクセント問題に関しては、

『Next Stage』か、
『短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300』か、
『頻度順 音でおぼえる発音・アクセント』の1冊と、


センター試験の過去問を『赤本』で演習すれば、バッチリです(*´ェ`*)ポッ







スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/08(日) 18:15:46|
  2. 英単語帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『最頻出問題発音・アクセント』-発音、アクセントのピンポイント補強

短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300
佐々木 欣也
ピアソン桐原 (2010/12)
売り上げランキング: 165,825位
アマゾンで詳細を見る

今日は発音・アクセントの参考書を紹介します。

まず、大学入試で発音・アクセントの問題はどのくらい出題されるでしょうか?

管理人の知る限り、センター試験の英語の200点中の「14点」くらいしか知りません…

つまり、100点のテストで7点分の出題です。

ほかの大学入試では、長文の中に発音記号が書かれていて、それを英単語に直すという問題があったと思います。

たしか2006年くらいの中央大学の問題にあったと思います。

でも、これは発音記号からその単語を書く問題なので、どちらかというと普通の単語帳の守備範囲の問題です。


さて話を、センター試験の発音、アクセント問題戻します。

センターの発音・アクセント問題の対策ですが、一番お金のかからない方法は、

  「ネクスステージの発音・アクセントのまとめ」
+「赤本のセンター試験英語」
+「各予備校の模試の問題」
―――――――――――――――――――――――――――――
  かなり十分な対策


になります。

ちなみに管理人のセンターの発音・アクセントは上記の対策で乗り切りました。


「かなり十分」とは、センター過去問を20年分を解いたとして、

発音・アクセントを一通り覚えていれば、

後半の10回分の試験は満点、あっても2,3回に1つ取りこぼすくらいでしょうか。

もちろん、個人差もありますよ。


で、なぜ今回紹介したかというと、

中には、「新しい参考書を買うことでモチベーションが上がる」タイプがいると思いますが、

そういう人には、今回紹介する「短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300」

か次回紹介する「音で覚える発音・アクセント」をオススメしても良いかなと思って書きます。

参考書をあれもこれも購入するのは良くないと言われていますが、

「アクセント・発音」については、他の参考書とそれほど重複していないので良いかなと思います。


もしも「参考書に変化がなくても大丈夫」という方は、

ネクステージの後半部分にまとめてあるアクセント・発音問題で十分です。


では『短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300』の良い点を紹介していきます。

アクセント・発音のルールだけでなく、確認用の問題がある

アクセントのルールで「-tion」はひとつ前にアクセント、

「-ate」は二つ前にアクセントがあるというルールがあります。

ネクスステージにも、確かにこれらのルールと該当する単語が紹介されています。

ですが、それらを定着する確認問題がありませんし(いろんなアクセントルールの混ざった問題はありますよ)、

解答で4択の選択肢のそれぞれに「どのルールが適応されているか」が付いてないんですね。

確かにアクセントは声に出して覚えることが最重要だと思いますが、

詳しい解説のある解答を見ながらのほうが、これから発音・アクセント問題を対策する人には丁寧でいいと思います。

ページの見た目がわかりやすい

紙面が色がついていて良いです。

アクセントのある音節、解説などで重要な部分や強調している部分、

ルールが適応する部分に四角で囲むなど、

大事な部分には目立つように赤を使っています。

ルールの説明部分などと英単語で強調されている部分がリンクしているので、

理解しやすいと思います。

発音・アクセントをまとめたとてもコンパクトな冊子

コンパクトな冊子がついています。(多分厚さは免許証2枚分くらいの2ミリほど)

冊子は頻出の発音問題の英単語200語、アクセント問題の英単語200語、注意すべき外来語100語の

3部構成になってまとまっています。

それぞれ3部の英単語は、アルファベット順に並んでいて、

付属のCDはこれらの英単語を収録しています。

CDは約47分で、これらの500語をさっと確認できます。

通学途中や、薄くてかさばらないので、さっと使えるかと思います。

何度も目を通して、CDも聞いて(もちろん慣れれば発音記号だけで、CDはいりません)、

発音、アクセント問題をしっかりと、理解、暗記しましょう。

確認問題の音声は無い…

しかし、残念な部分があります。

それは、4択の確認問題の音声がついていないことです。

ということは、学習者は自分で発音を理解していないと、なかなか苦労するかもしれません。

そこは、学校の先生や知人や電子辞書の音声で確認するようにしましょう。

ちょっとこの部分だけが気がかりなんですね…

まぁ、丁寧すぎることを追及してしまうのが日本人の性でしょうがないのかなと思いますが…

ですが、先ほども述べたとおり、慣れれば「発音記号」さえ載っていれば十分です。

音声CDは冊子で確認できる分だけついていれば、本当に十分なんです。


さて少し長くなってしまいましたので、次回は同じアクセント・発音問題の『音で覚える発音・アクセント』をご紹介します。


短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300
佐々木 欣也
ピアソン桐原 (2010/12)
売り上げランキング: 165,825位
アマゾンで詳細を見る

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/08(日) 17:46:08|
  2. 英単語帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『データベース4500』-英単語帳/補助的な英単語帳

英単語帳『データベース4500/5500』を紹介します。

この参考書は現役時代にお世話になりました。

しかし使用方法は、他の受験生とは少し異なる使い方です。

補助的な英単語帳として『データベース4500/5500』を使っていました。


私の現役時代の英単語帳の使い方ですが、メインに使うもの・補助的に使うものと、役割分担をしていました。

メインの英単語帳に『ターゲット1900』を使用し、どこにでも持ち運びました。

単語学習は、音声CDを通学やお風呂で聴き(聞き)、そしてレポート用紙にひたすら英単語を書く。

また長文読解で出題された単語を、辞書代わりにして再び調べるようにもしていました。

辞書代わりに使うと、ターゲットの例文暗記に役立つのでオススメです。


そして補助的な単語帳の使い方ですが、先ほどの長文読解で調べた単語を、または英語学習で気になった英単語を『データベース4500/5500』の2冊で調べていました。

『データベース』が単語帳として良い点は、英単語の類語がしっかりと分類されているところです。


たとえば「suburb」(名:郊外)という英単語を調べる時を考えてみましょう。

『ターゲット1900』で調べると、

area|地域
distric|地区
suburb|郊外
region|地方

・・・
と、品詞(ここは名詞)ごとに分かれて掲載されています。

ターゲット1900で英単語を調べる際の悩みどころは、「どこまで類語を調べるか」という部分です。

実際、私はそのページの全ての単語を見直すか、その前後の2,3の単語を見るようにしていました。


ですが、『データベース4500』では、
・都市生活に関する語

fashion|流行,ファッション
crowd|群集,人ごみ
avenue|大通り
suburb|郊外,近郊
local|地元の,その土地の

『データベース5500』でも、
・地理に関するキーワード

region|地域
territory|領土
range|範囲
landscape|景色
urban|都市の 反⇒suburb(郊外)
rural|都市の

と、類語でしっかりと区切られています。

これは、単語を調べた際、どの部分まで復習するかが区切りやすい、品詞に関わらず他の類語も確認できるといった利点があります。

そして調べた際、単語の意味の再確認、例文でどのように使われているかを音読して、軽くチェックします。

類語とその意味の確認、例文の訳せるかの確認なので、軽く復習しましょう。

例文暗記するまでやるなら、メイン単語帳のターゲット1900の方です。

英単語を調べる時は、「長文読解の答え合わせ」→『ターゲット1900』→『データベース4500』→『データベース5500』という流れでした。

調べた単語を3回分復習でき、類語も調べられる効率の良い方法だと思います。


以下は『データベース4500/5500』をオススメする長所です。

例文が非常に効果的

2冊一緒で使うことをオススメします。

なぜなら『データベース4500/5500』は、それぞれで非常に意味のある例文を使用しているからです。

『データベース4500』は、英英辞典の例文を主に掲載しています。

その英単語と結びつきやすい単語との言い回しを含む例文が掲載され、

シンプルながら、応用力のある例文を読むことができます。


『データベース5500』は、大学入試の例文を主に掲載しています。

それぞれの例文は、読み応え(英文法・背景知識・抽象的話題を含む例文)があり、大学入試へ直結する単語力、読解力を鍛えることができます。


1単語に重要な1定義

『ターゲット1900』も同じですが、一つの英単語に、一番大事な定義(意味)だけを赤字で掲載しています。(上の『データベース4500』を参照)

時間や知識が無ければ、赤字の部分の意味だけを覚えるだけでも効果があります。

この点、定義が全て赤字の「良くない英単語帳」に比べると、使い勝手の良い参考書です。


CDも有効活用できる

これは『データベース4500』限定ですが、

CDが「見出し語(英単語)→意味(赤字のみ)→例文」となっています。

CDを聞きながら、黙読、音読、をするのも効果的でしょう。

ちなみに、『データベース5500』は、見出し語がページ分流れ、速い速度で例文が読まれてしまうので、

大学受験には効果が期待できないと思える内容です。(英検1級など、難易度の高い教材としては有効)


接頭辞、接尾辞も学べる

2冊の巻末に接頭辞、接尾辞の簡単な解説が掲載してあります。

必ず英語学習の最初に読んでおきましょう

間違っても、単語学習の後半の時期に学ばないように。

接頭辞、接尾辞の意味やイメージを持てば、英単語を予測、考えられるように学習することができます。
(主にラテン語経由の英単語ですが・・・)

接頭辞・接尾辞を主に扱う英単語帳もありますが、この2冊分の知識だけで十分です。


豊富なコラム記事

『データベース4500』は、文法知識の解説、それに関連した入試問題が50問ほどあります。

ですが『データベース5500』の「テーマ解説」の記事の方が役立ちそうです。

言うなれば、ちいさな『問題解説以前』の簡略版です。

その小さな記事でも、入試で1点を得点する有利な情報になるかもしれません。

読んでおいて損は無いでしょう。



価格も1000円ほどで、音声CDまで付属する、経済的にも非常に優れた参考書です。

そのため、メインの英単語帳として使いたい気持ちも理解できますが、

それでも私は、『ターゲット1900』をメインの英単語帳にお勧めします。

理由は掲載英単語の質・例文の質・音声CDの内容など、『ターゲット1900』の方が、より大学入試に効果的な英単語帳だと考えているからです。

しかし、『データベース4500/5500』は補助的な英単語帳としては最高の参考書と断言できますので、ぜひ有効活用をしてください。

関連する英語参考書
ターゲット1900 大学入試に、一番オススメできる英単語帳
英単語ターゲット1900 4訂版[CD] ターゲット1900には、CDとの組み合わせが有効



データベース4500 完成英単語・熟語
荻野 治雄
桐原書店
売り上げランキング: 13003
おすすめ度の平均: 4.0
4 CDも使って
4 good job
4 見やすく、使いやすい
4 正攻法では優秀な単語本、でも、受験生には注意が必要


データベース5500合格英単語・熟語 (新版完全征服)
小森 清久 拝田 清 出雲 富士子
桐原書店
売り上げランキング: 125987
おすすめ度の平均: 5.0
5 仕上げ向けかな…
5 この本一冊で5500語掲載されている訳ではないが、良い本だわ。
5 新版はデザイン◎
5 レベル高くて中身が濃い
5 良い。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/26(土) 10:37:51|
  2. 英単語帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『英単語ターゲット1900音声CD 』-英単語帳/『ターゲット1900』を十分活用する音声CD

英単語ターゲット1900 4訂版[CD] (大学JUKEN新書)

旺文社
売り上げランキング: 3961
アマゾンで詳細を見る

『英単語ターゲット1900 4訂版[CD] 』を紹介します。

私は、ターゲット1900の3訂版と音声CDで大学受験を乗り切りました。

そして新しく改訂された4訂版と音声CD。

音声CDには、新たな改良が加えられていました!

例文の後に、もう一度英単語が読まれる!

今までの3訂版CDは、「英単語→単語の日本語訳→例文」でした。

しかし『英単語ターゲット1900 4訂版[CD] 』では、「英単語→単語の日本語訳→例文→英単語

と、一つの英単語が二回流れます!!!

この変化は、まさに革命的

なぜでしょうか?


長く使えば、その効果が分かるでしょう。(むしろテストの点数として表れてくるかと思いますが)


例文を読み上げた後に、もう一度英単語が流れると、軽い復習ができるのです。

もう一度英単語が流れることは、すばらしく、そして憎たらしいくらいに有効です。


それは、例文が読まれた後、もう一度英単語が流れることで、

英単語の意味を覚える(そして思い出す)機会を与えてくれるからです。


つまり、記憶のプロセスにおいて「銘記」と「想起」の両方を行なう機会を与えられるということです。

1つの英単語を聴くごとに、他の受験生よりも、ちょっと効果の高い英単語学習が可能となります。

この音声CDの変化は、本当に素晴らしいです!!!


1単語ごとに読む英単語帳の音声CDは、「英単語をもう一度読む」パターンに変わるだろうと、予想しています。

「ちりも積もれば山となる」

例文直後の英単語を再び聞くことで、英単語を定着できる機会が与えられるのです。


この小さな変化が、大きすぎるほどの効果を生み出します。


この音声CDの改良により、『英単語ターゲット1900 4訂版 』は、さらに素晴らしい英単語帳となりました。

『ターゲット1900』こそ、大学受験で最も有効で、オススメできる英単語帳だと感じています。


CDの存在

英単語学習に関わらず、あらゆる分野で音声CDでの学習が広がりつつあります。

予備校のライブ中継のDVD、実況中継タイプの参考書などが誕生しました。

きっかけは、やはり英単語帳の音声CDでしょう。

音声による学習自体が、極めて有効だからです。


音声(CD)の有効性を、簡単に言葉でまとめると、

机に座っていなくても、ノートや筆記用具がなくても、目をつぶっていても、勉強するやる気が無いときでさえも、勉強ができる


参考書を読むということは、本人の意志で眼球を動かさなければなりません。

しかし、音声を聞くということは、本人の意志にかかわらず、耳の鼓膜が振動するのです。


これは卑怯です。 でも、この卑怯さに気がつかない受験生がなんと多いことか…


私が高校生だった時、この音声CDの有効性を十分に活用しました。

英単語学習には、音声CDをお風呂と通学時間に聞いていただけです。

本当です。

音声CDは確実に有効」と覚えておきましょう。


男性と女性の吹き込み

英検の単語帳の音声CDと違い、1人のネイティブスピーカーでの吹き込みではありません。

単調にならず、変化があって聴き・聞きやすいと思います。

逆に、男性か女性のどちらかを聴きにくいと感じれば、それは聴き取るトレーニングにもなるでしょう。

大学入試の試験中、「吹き込み者の声が気に入りません」なんて言えません。

また受験で英語の吹込みが男性か女性かはわかりません。(ほとんど男女を使うと思いますが…)


この音声CDとの併用で、『英単語ターゲット1900 4訂版』は何倍にも活用できます。

さらなる進化を遂げた『ターゲット1900音声CD』、そして『ターゲット1900』。

大学受験で、最も有効的で、オススメの英単語帳・音声CDであると断言します!


英単語ターゲット1900 4訂版[CD] (大学JUKEN新書)

旺文社
売り上げランキング: 3961
アマゾンで詳細を見る

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/06/01(火) 20:09:14|
  2. 英単語帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アメリカ口語辞典』-英単語帳/読める辞典。内容・例文・解説がすばらしい

英語のイディオムを調べるなら、『アメリカ口語辞典』が最高です。

すばらしい英語の辞典の一冊です。

今は絶版ですが・・・


なぜ絶版の辞典を紹介するのか?

答えは簡単。

それは英語の参考書として紹介されなければならないからです。

絶版だろうが、貴重品だろうが関係ありません。


さてその中身。何がすばらしいのでしょうか?



イディオムの解説です。

解説内容、例文ともに申し分ありません。


しかし、さらにすばらしい長所があります。

読める辞典

そのイディオムができた経緯、ニュアンス、類似しているものの解説等、

一つ一つの項目の解説が、読める書き方なのです。。

読んで納得できる言い回し、読んでいて知的好奇心をくすぐる新情報。

まさに「読める辞典」。


時間が経るにつれ、再版を望む声があがりました。

『アメリカ口語辞典』に触れた学習者がそのすばらしさを知り、そして立派な英語使用者になったからかもしれません。

再版を望むのは当然とも思える、出来栄え、内容。


そして、この『アメリカ口語辞典』の内容は、一部加筆修正等がありますが、

12,000円くらいの辞典(名前がわかりません、すみません。)の一部に収録されました。

余裕があれば買ってみてもいいでしょう。

(でも本当は、『アメリカ口語辞典』だけで良かったような…)

あとパソコン版もありますが、解説は載っていない、ただの冒涜としか捉えようのない大改悪されたものがあります。

間違っても買わないようにしてください。

もし大学の教授の研究室に訪れた時、この『アメリカ口語辞典』が置いてあった時は、その教授は良い教授です。

また、まともな大学には図書館においてあるかと思いますし、、

また、まともな大学なら、他大学の図書館の提携で必ず一読することができるかと思います。

ぜひご覧ください。ビックリするような英語参考書だと思います。
関連する英語参考書
Instant Vocabulary 英単語を、接頭辞・接尾辞・語源で覚えていく英単語帳



アメリカ口語辞典
アメリカ口語辞典
posted with amazlet at 10.05.23
ジャン・マケーレブ 安田 一郎
朝日出版社
売り上げランキング: 278672
おすすめ度の平均: 4.5
4 語源についても解説している「読む」辞典
5 店頭から消える前に絶対に手に入れましょう
5 「最新日米口語辞典」とセットで

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/05/17(月) 21:48:12|
  2. 英単語帳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。